So-net無料ブログ作成

横並び好きな日本人 [<学校の話、子供たちの話>]

かつて次男Sが通い、いま長女N子が通う長野N大高には制服がある。
男子は黒の詰め襟、要するに学生服・・・に革靴。
女子は紺のブレザー付きワンピースに同じく革靴。

そして校章は桜で、スクールカラーは桜の花のピンク色だそうだ。

全国各地に多くの附属高があり、確か坂口憲二も附属高出身者とか・・・。
(この情報はネットで確認できなかったので当てになりませんが・・。m(_ _)m )
・・・・と言えば、ははあ~んと思われる方も多かろう。( ^-^)

薬大の時の友人KTさんに言わせると、「ああ、腐ってもN大(高)ね。」
なんとなく言い得て妙みたいな・・・。(^^;

今年から長野N大高の男子学生服の色は黒から紺となり、N大というよりも○習院を意識しているの?という声もあるというが・・・。

中学校も2クラス出来て、いよいよ中高一環高としてN大以外の難関高も狙える学校に・・と長野N大高関係者は意気盛んだ。

と、例によって前置きが長くなったが、この際制服の事はどうでもよい。(^^;
問題は、冬の寒さが厳しい長野ならではの、自由であるはずの手袋のことである。

2年前まで次男Sは、なぜだか手袋ではなく軍手をはめて学校へ通った。
どんなに寒さが厳しい日にも、いくら温かそうな手袋を出してやっても、最終的にはめていくのは白い軍手だった。
「これが一番まともだ。」と言い残しながら・・・。

「どこがまともよ!」と、九子はSのセンスをいぶかしく思ったが、それが本当に一番まともと思うのならば、大学へ入ってからも白軍手で行けばいいと思うのに、そうではないのが奇妙だ。

先日ひどい雪の日にN子を校門近くまで送って行って、やっと訳がわかった。

長野N大高の男の子たちは、みな猫もしゃくしも白い軍手をはめていた。
え~っ?まじ~?

だってさあ、上から下まで制服で、髪の長さも校則できっちりと決められて、自由が許されるところなんて手袋くらいしかないじゃない!

そういうところでこそ、人と違うもの身に付けようっていう気はないのかなあ。

その上、せっかく買った制服のコートも、Sは卒業までに3回と袖を通していなかった。
これも同じ理由だった。みんな寒くてもコートは着ないのである。
「だから、俺も着ない。」
バッカじゃないの?(^^;

しかし長野N大高の場合女の子の方がまだましみたいで、N子のクラスでも、さすがに女子には白軍手の子はいないらしい。N子も柄物の手袋をはめて行く。

だが、寒いのにコート無しは一緒だ。コート着てる子はクラスで一人だと言う。
その子に九子から最大限の拍手をおくりたい。( ^-^)
(それが何よ!と言われそうだが・・・。(^^;)

ところで、制服のコートというのは、男女打ち合わせが違うだけで同じデザインである。

我が家の戸棚に、Sが3度しか使わなかったコートがある。N子も御多聞にもれず数回しか着ないであろう。
でも、左右の打ち合わせが違う。そしてコートは三万円もする。

まっ、いいか!いざとなったらSのを着せれば・・・。

可哀想にN子は、コートを着ないのではなく、コートが着られない事情があるのだ。(^^;

それはともかく、日本人がかくもみんなと一緒が居心地が良い民族になったのは、どんないきさつだろう?そして、いつ頃から日本人は、そういう習性を身に付けていくのだろう?

考えてみるとそれは、小学校から中学へ移るあたりに鍵がありそうだ。
「はい!」「はい!」「はい!」と、うるさいほどに手を挙げて先生の質問に答えようとする小学生の子供達と、急におとなしくなって「何か質問ありませんか?」と問われても、なんの反応も示さない中学生の子供達との決定的な差。

日本人の文化は「恥の文化」と言われるが、思春期に入って「恥ずかしい」と言う気持が芽生えて来ると、なんとなあく行動が限定されてきて、皆に恥ずかしくないように、つまり、皆と同じようにしていたがると考えてみたらどうだろうか?

「出る杭は打たれる」とは良く言われるセリフだが、これからは、「少しずつ、みんなで出よう、怖くない!」の時代が来ることを切に願う。

さて、日本人の横並び好きのそもそものいきさつの話しとなると、九子にはおおよそ見当もつかない。
どなたかご存知の方いらっしゃいますか?( ^-^)


ところでこの日記を読んで下さる方々から、九子はたまに思いがけないお誉めのお言葉を頂くことがある。曰く「九子さんの視点は面白い。」とか、中には「奥が深い。」とか言って下さる方もいて・・・。

その度に九子は赤面し、過分なお言葉に恥入りながら、でもとっても嬉しくて、頭の中にお花を咲かせて一人でニタニタ笑ったりする。(^^;

ただそういう時、ふっと思うのだ。
あたしって、考えてること、人と違うのかなあ?自分じゃあ極めて普通の人間だと思ってるんだけど、そうじゃあないのかなあ?

あっ、たぶんあなたは、自分で思ってるほどそんなに普通ではありませんって。(だって、普通の主婦ほど仕事出来ないでしょ?(^^;)
でも、そうやって考え込むとこ見ると、そんなに普通の日本人とかけ離れてる訳でもなさそうですが・・・。

3Σ外と書いてサンシグマーガイと読む。
偏差値曲線の標準偏差から一番外れた、例外的な部分。

九子は昔から、勉強の本質的な部分はさっぱり覚えていないのに、覚えていてもなんの役にも立たない普遍的でない単語のみを、なんとなく記憶している癖があった。

そう。3Σ外。
標準の日本人のほとんどが含まれる3Σ域の外。

九子はいつも3Σ外の住人らしい。( ^-^)

☆(このサイトを見ると、現在は3Σではなくて3SDと言うらしいです。こうしてみると、九子はやっぱりふる~い人間みたいです。(^^;)
タグ:長野日大
nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 9

チョッコ

[私って普通]
>あたしって、考えてること、人と違うのかなあ?自分じゃあ極めて普通の人間だと思ってるんだけど、そうじゃあないのかなあ?

私もよくそう考えますよ。
私は極めて普通の人だと、普通の人はいないの?
って言ってます。

これは絶対間違っていない、いい考えだと思いつくと
つい口に出しちゃう。行動に出ちゃう。
でも、それって普通じゃないって言われます。

最近、娘や夫と話してて、私が普通だと思っていたけど、
そうじゃないのかな?
夫と長女は似ているのですが、へえ、世の中こんなふうに
考える人もあるんだなあと思うこともありますよ。

PTAの委員会で、私が発言したら、ある先生が
「ぼくも5年間、あの会に出てましたが、あなたのように
発言した人は初めてですね。」
って言われました。別に思ったことを言ったまでなんですけどね。

みんな思っていても言わない人、しない人って多いですよ。

わたしもね、みんな違ってみんないい。
花もね、いろいろ咲いているからいい。全部いっしょじゃつまらない。って思う人です。

横並びがいいと思う日本人はいつ形成されたか?
その素地は以前からあったかもしれないけど、学校教育が
始まってからではないのかな?

日本の学校のように一斉授業が成り立つ国って少ないって
聞きました。
号令ひとつで、同じように右向いて、左向く。
これが当たり前で育ってきた日本人。

うちの娘が小学生の時に言いました。
「なんで、先生の言ったとおりにみんなが同じことをしなければならないの?」
私は考えたこともありませんでした。

それが日本の学校教育だったのではないかしら?
一人一人の個性が光る教室
なんて、スローガンは書かれていても、本当に個性が光ってるのかな?
by チョッコ (2005-01-14 11:58) 

きよみがはら

[私は昔から変わってると言われています(どこが?^^;)]
こんにちわ。
高校を卒業後、事務職を一年、その後美術系の専門学校へ行きました。

中学の規則は厳しかったです。
髪の長さ、髪をくくるゴムの色。
制服のスカートの長さ、靴下の長さや色。
制服の上のコートなどは禁止。
今も似たものでしょうか。

ちょっとでも引っかかれば、その場で正座か叩かれる。

そんな中でみんなと一緒が安全・安心が作られた気がします。

高校はゆるめの規則でしたけれど、
中学3年間で作られた「みんなと一緒が一番」は消えませんでした。

学校は集団生活なので、規則があったほうが管理しやすいんでしょうね。
私が学生の頃は「管理教育」と言われていました。
校内暴力があった頃です。

それにその家の教育もあると思います。
人からどう見えるか(世間体)を気にしている親だと、
子どもにもみんなと一緒が安心という考えが育つのではないでしょうか。

みんなと違うことは、いじめの原因にもなりますし・・・。
人と違うことを認められない人がいることが悲しいですね。

美術系の専門学校で、先生は言いました。
他人と違う作品を作ってきなさい。
渡された条件以外は何をやってもいいです。

学校の図工や美術の作品って、なんか似通っていませんか?
みんな隣を意識して作っているのかしら・・・と思うほど。

そこで習得しなければいけないこともあるんでしょうけれど、
「みんなと同じがいい」という考えは豊かな発想にも影響を与えるのかなと思います。

美術学校で突然「どんな作品にしようと自由」と言われて、とまどったこともありましたが、発想が面白いといってくれる先生がいて、これでいいんだなと思えました。

「みんなと違っていて良い」を認めてくれる人が必要だと思います。
10代後半の私は、「こんな作品、持って行って大丈夫かな」とはじめのうちはビクビクものでしたから。。。
「こんな格好で学校に行って大丈夫かな」と思うのと似ているような。。。(^^;)

日本人が横並び好きなのは、農耕民族だからかなと思うのですが・・・。
想像なのですが、

農耕民族=その土地にとどまって、作物をつくり生活していく
    ↓
その土地の人に悪く思われたり嫌われるとその土地で生活していけない。変な人だと言われたくない。
    ↓ 
人の目を気にする(世間体)
    ↓
はずれて目立つことはしない。
    ↓
みんなと同じがいい

こんな感じかな・・・と思いました。

ちなみに、ADHDはその行動力から狩猟民族の末裔では・・とどこかに書かれていました。
by きよみがはら (2005-01-14 13:57) 

九子

[チョッコさんへ。]
チョッコさんのお人柄、おぼろげながらわかるような・・・。( ^-^)

思った事をすぐに口に出すタイプの人は、お腹にためないからまっすぐな人が多いと思います。嘘のつけない正直な人でしょう、チョッコさんは。( ^-^)
でも、日本では少数派になっちゃうんでしょうか。

確かに学校教育関係ありますよね。
先生が生徒に教えるという一方通行の授業が多いもんね。

>号令ひとつで、同じように右向いて、左向く。
これが当たり前で育ってきた日本人。

そうなんですよね。号令されるのが好きで、というか、当たり前で、
自分からは動かない人間が多い日本と言う国。

江戸時代とかそれ以前は一体どうだったんでしょうか?
by 九子 (2005-01-14 21:21) 

九子

[きよみがはらさん!( ^-^)]
書きこみどうも有り難う。m(_ _)m

>みんなと違うことは、いじめの原因にもなりますし・・・。
人と違うことを認められない人がいることが悲しいですね。

そうか。そういう側面もありましたね。
本当に悲しい事ですよね。日本人がちっぽく見えます。

確かに農耕民族説は説得力ありますね。そんな気がします。

とすると、こういう気質は大昔から培われたものですね。
なかなか変えるのは難しいかも・・・。

きよみがはらさんの中学時代は大変だったのですね。力で抑えこもうとすると普通の生徒にとっては恐怖心しか残りませんよね。

でも、美術学校で自由の素晴らしさを謳歌出来たのですね。良かったね。( ^-^)

先生の言葉とか方針って、若い頃はかなり影響力ありますよね。

確かに誰かが認めたり誉めてくれたりすると、その子は伸びていけると思います。それが先生だったら、もう、最高ですよね。( ^-^)

人と違う事をやると誉めてくれる先生が多くなるといいのかな?
でも、先生にとって管理する方が楽だから、なかなか難しいのかな?

>ちなみに、ADHDはその行動力から狩猟民族の末裔では・・とどこかに書かれていました。

へえ~っ、すごい!
でも確かに欧米人のエネルギーには負けるよね。(^^;
by 九子 (2005-01-14 22:30) 

チョッコ

[農耕民族]
きよみがはらさんの農耕民族だからって言う説
あたっている気がします。

私は兵庫県の淡路島の出身なんですが、淡路島は
日本を縮小したようなところがあるんですよね。
農村部的なところもあるし、漁民もいる。

うちの祖先は漁民か海賊?っていう感じなので、
農村部ほど横ならびをきにしてるって感じは
なかったですが、レッテルを貼られてるって
いう感じはありましたね。
目立つことはしない方がいいっていうことは身に
しみてました。

常に人から指をさされるな。人の迷惑になることは
するなって言われてました。
自分中心に考えるのではなく、人からどう思われるかを
常に考えろって言われてましたね。

これが島国根性ってやつでしょうか?

農耕社会っていうこと、日本は島国だっていうこと、
そういうところからすでに横並び主義は始まっている
のかもしれませんね。

ただ、それが、公地公民だとか班田収授法だとか墾田永年
私財法だとか士農工商だとか、いろいろなことで民をしば
って、治世すればするほど、横並び精神がしっかり植えつ
けられていったのかもしれませんね。

そして、それをいっそう強めたのが、学校教育でしょうか?
by チョッコ (2005-01-15 20:59) 

九子

[う~ん、鋭い!]
チョッコさん!素晴らしい!
それが結論に近いかもしれません。

>うちの祖先は漁民か海賊?っていう感じなので
あっ!わかった!
チョッコさんの本名を知ってる九子は、わかりますぞ!
○○水軍って言葉あるものね。(これはたまたまM氏の友達に同じ苗字で同じ祖先を持つ人がいたため、たまたま知っていた。(^^;)

>農耕社会っていうこと、日本は島国だっていうこと、
そういうところからすでに横並び主義は始まっている
のかもしれませんね。

ただ、それが、公地公民だとか班田収授法だとか墾田永年
私財法だとか士農工商だとか、いろいろなことで民をしば
って、治世すればするほど、横並び精神がしっかり植えつ
けられていったのかもしれませんね。

う~ん、鮮やか!きっとそうですよ。( ^-^)

それにしても、チョコさん歴史詳しいんですね。
わたしゃ公地公民とか士農工商はかろうじてわかりますが、あとはさっぱりでした。(^^;

>そして、それをいっそう強めたのが、学校教育でしょうか?

そして最後に駄目押しがあるわけね。
こりゃあ変えようったって、簡単に変わるものじゃなさそうですね。ふ~む。
by 九子 (2005-01-17 00:25) 

あおい

[普通]
おはようございます。
私も普通の定義にはいつも悩みます。
ここで血液型を持ってくるのもナンですが
私の職場は私意外A型の人です。
共通点は、私の普通は普通じゃないといいます。
私はちなみにOですけどね。

あと、教育はホント管理教育だと思います。
学校側から作られている気がしました。
自分が学生だったころ、息子についても。
規則を作って少しでも外れたら罰する。
じゃないと管理できないから一番簡単。

私はあまり歴史だとか日本人のルーツとか知らないけど
最近の日本って変わってきているし
私が小学生だったころハーフとか外国人って
いなかったんですけど
今いますよね。
髪の色が違ったりピアスしていたり
そのこたちには普通なのに住んでる国の普通を押し付けて
クラスメートである子どもたちが
逆に「なんで?」と思う矛盾がありますよね。
学校では
「みんな違ってそれでいい」なんて勉強しているのにね。
大人の意識が成長することが大切なんじゃないでしょうか。
by あおい (2005-01-17 08:18) 

九子

[おお、あおいさん!( ^-^)]
今年もよろしくお願いします。m(_ _)m

確かに普通って一体なんだ??てのは難問ですよね。

あおいさんの職場はA型ばかりなの?
それだと、真面目過ぎて息が詰まる感じなのかな?(^^;

あおいさん、Oでしたか。うちのM氏と同じ。ざっくばらんなお人柄なのかしらね。( ^-^)

そうそう。学校教育って変わらないですね。きまりばかりやたら多くて。特にうちの子供たちはみんな附属小中でしたから、先生方ってどうしてこんなに書いてばかりいるのだろうと思うこと多かったです。

研究授業なんてあると、全国の先生が見ている中で授業するから、そのために1メートルをゆうに越える厚さのレポートを作らなくちゃいけなかったって聞いたことあります。

余計な仕事が余りにも多すぎるから、子供たちは管理しないと時間が作れないのかもしれません。

でも、日記にも書きましたけど、附属小学校ではのびのびやらせてもらって、子供たちのためには良かったと思っています。先生は大変だったでしょうけれど・・・。(^^;

>大人の意識が成長することが大切なんじゃないでしょうか。
そうですね。まったくその通りと思います。子供はすぐに受け入れますから、あとは大人の頭をいかに柔軟にするかの問題かもしれませんね。
by 九子 (2005-01-17 22:40) 

チョッコ

[いやあ、たまたまです。]
たまたま、中1の娘と中3の娘が学年のまとめのテストが
あり、お母さん、覚えてる?ってテスト用紙を持ってきたの。

なんとか私財法だよね。って言う感じで断片にしかでて
こないの。呆け防止に教えてあげるって教えてもらった
ところだったの。

九子さん、私の本名は私の旧姓ではありませんよ。
私はお嫁に来てます。
でも、義父の先祖は広島の尾道にお墓があったそうで、
そうかもしれないって言ってました。

私のおじいちゃんに当たる人はうちの先祖は赤穂浪士だ
って言ってたそうです。でも証拠はなにもありません。
ただ、真言宗の檀家の中では一番古いほうだそうです。
by チョッコ (2005-01-17 22:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0