So-net無料ブログ作成

先物取引騒動 [<九子の万華鏡>]


どうも九子には年末年始のこの時期が鬼門であるらしい。



考えてみるとオレオレ詐欺に引っ掛かったのが3年前のちょうど今頃。

あの時は冷静な善光寺郵便局の方々にすんでのところで助けられ、善光寺御本尊さまより何より、あれほど善光寺が有難いと思ったことはない。( ^-^)

そして今度は・・・・。



それはニコニコとした愛想の良い、腰の低いK氏の訪問から始まった。



笠原十兵衛薬局はその日も暇だった。(^^;;

考えてみれば薬大生二人を抱えつつある我が家の懐具合はまさに氷点下であるのに、長野の冬の日は雪さえ止めば明るくあったかあいお日様日和なのだ。



こんな日和に誘われてお昼寝で英気を養った九子は、今日も薬局に誰も来ない事を念じていた。(^^;;



そこに現れたのが黒っぽいスーツ姿の男性だった。髪を真ん中で分けてめがねをかけた割りに小柄な若い人だった。

持っている大きな黒カバンひとつで、九子はなんかのセールスの人だなと見破った。



そう。そうなのだ。

彼は開口一番、「資産運用のお誘いなのですが・・。」と言うような事を言った。



その手の電話には決して乗らない九子である。

「東京のマンションを・・」とかなんとかいう電話には、たいていマが聞こえるか聞こえないうちに「うちは要りません!!」の声と共にガチャリと受話器を置く。(実際のところは「うちは買えません。」なんだけどね。(^^;;)



今から考えるとそういう九子がなぜ彼の話を聞く気になったか、それが今もってよくわからない。



笠原十兵衛薬局が暇だったから!

まあ、それが一番の理由かもね。(^^;;



でもまあ、彼が少し気の毒に思ったから・・というのも理由の何番目かにある。



我が家の前の道はお年寄りにはしんどかろう結構急な坂道だ。そこを、聞いてみればはるばる遠い東京からやって来て、飛び込みで営業やってるらしい。

まあ今日はたまたま暖かかったからいいけれど、それでも雪の無いところからやって来ればこの寒さは堪えるんじゃないの?



まあそんなこんながあって、九子は「資料だけでも・・・」という彼の話に耳を傾ける事になった。



彼はレポート用紙の裏側に何か書くのが好きみたいだった。



真っ先に彼が書いたのが水平線とそのある一点から伸びる上向きと下向きの直線。そこへ彼の下手な(^^;;字で上にプラス、下にマイナスマークが書き加わる。



「たとえばこのプラスの線ですが、100円の物を120円で売ると20円の利益ですね。だからプラス。でも100円の物が80円でしか売れないとこれは20円の損失になります。それがこのマイナス線。これが通常の取引、買い取引と言います。」



まあここまでなら九子にだってわかる。



「もう一つ、こちらのグラフを見てください。こちらの方は売り取引です。」彼の示すグラフには先ほどと同じ形だが上にマイナスマーク、下にプラスマークが付いている。



「これは売る方のグラフなんですが、100円で売った物を120円で買い戻すと20円の損失、80円で買い戻すと20円の利益・・。ここまではおわかりですよね。」



実はあんまりピンと来なかった九子だが、とりあえずわかった顔をする。(^^;;





「この取引はガソリンと灯油とで売りと同時に買うというのが特徴なんです。これでリスクを最小限に抑えられるのです。」



「はい~???」



彼からもらった資料がかろうじて1ページ分だけ残っていたのでそれによると


ガソリンと灯油の原料は原油ですから値動きはほぼ連動しますが、需要期・不需要期のサィクルが異なるため、1年を通してみるとガソリンが灯油よりも割高な時期があったり、逆に灯油の方がガソリンよりも割高になる時期があるため、この価格差に応じ売買するのがこの取引のポィントになります。
値段の上下に直接影響されにくい"価格の差"の変化を利用した運用であり、売りは買いの、買いは売りの[保険]< の働きをしてくれるのです。




のだそうである。



彼はもちろん即断など求めずに、資料を置いて行くから考えてみてくださいと言い、さわやかな笑顔を残して去って行った。



「それって先物だろう。」と言ったのはM氏だった。「やめとけ、やめとけそんなもの!」



ああそうか。これが母が怖いって言ってた先物取引ってヤツか。



それですぐにやめとけば良かった。(^^;;



ネットで調べてみた。彼の会社を真っ先に調べた。

えっ?一流企業っぽいよ。そうでなくても普通の会社だよ。大きい会社でどこも怖くなんかないよ。



今時貯金じゃお金は増えない。かと言って両親から相続した株なんかこんな安いときに売ったって損するばかりだ。



彼、確か言ったよね。「確かにリスクはあります。ですが、今がチャンスなんです!安全策取ってますから二倍三倍になる事はありませんが、二割三割は絶対に儲けて喜んで頂ける自信があります!」



彼は三枚とか五枚とか言う言葉を使った。とにかく最低限100万円無いと取引出来ないような事を言っていた。出来ない事は無いかもしれないが手数料がすごく割高になるんだそうだ。



「100万円の三割増しかあ。2ヶ月か3ヶ月の短期取引だとも言ってたなあ。今時3ヶ月で30万はおいしい話だなあ。」と、すっかりその気になる九子。(^^;;



そうこうしている間に、次の日K氏の同僚なる人物から電話がかかった。

なんでもガソリンだか灯油だかが高騰していて、始めるには本当にいい時期だという事だった。

彼自身高揚しているのがわかった。



だけど九子は嫌な気がした。彼のもの言いが高飛車な気がしたのと、何より「100万なんてケチなこと言わないで300万、500万でどうですか!」という言葉に反発したのだ。



「あのね、100万だって大金なのよ。他人のお金で食べてる人にはわかりっこないわね!!」ガチャン!(怒)

(・・・と言えたらどんなにカッコ良かったかと今でも思ってる。(^^;;)



もうこれですっかり九子の心が先物取引から離れた・・・と思う人は、九子を良く知らない。(^^;;



次の日同僚の非礼を詫びに、再びK氏がやってきた。

考えてみるとK氏のキャラは謝り役には打って付けだった。

「昨日は同僚が大変失礼致しまして、彼も大変申し訳なかったとくれぐれもよろしく伝えて欲しいと申しておりました。」



その時わずかだが、K氏からビールの匂いがした気がした。

九子が最終的にこの取引に赤信号を点したのは、実はこの時の酒の匂いも影響していた。

「やだ、この人ったら昼間っからお酒飲んでるのかしら・・・。」



K氏は「さぞやご気分を害されていらっしゃる事重々お察し致しますが、でも本当に今が千載一遇のチャンスなんです。100万円お預け頂ければ、きっと120万、130万にしてお返しさせて頂きます。もう一度お考え頂けないでしょうか。」と言って、申込書類まで置いて行った。

酒のさの字もみじんも感じさせぬさわやかな笑顔だった。



お酒飲まなきゃいけないほどストレスが多い仕事なのね。

K氏の笑顔は、再び九子に目先の万札への欲望をたぎらせた。(^^;;



しかしこの時九子は大きな考え違いをしていた。

たとえば100万円投資したとしたら、最悪損したとしても100万円でしょ?



それに、預金とまあ株式しか知らない九子は、すべての相場は「じっと待っている」事が出来ると思っていた。

じっと待っている事によって下がった物もそのうち上向くはずだから、上がった時に売れば損を取り戻せると思っていた。



それからもう一つ。

九子は今になってもガソリンと灯油それぞれにどういう値がついたら得をして、どういう値が付いたら損をするのかよくわからない。



株価なら新聞に出ているが、ガソリンや灯油の値段はどうやって調べるのか。

もちろん日経新聞でも取っていればわかるんだろうが・・。



たとえそれが判ったとしても、どういう時に自分が儲かっていてどういう時に自分が損をしているのか、それがはっきりわからなければいつ売ったらいいのかがわからない。



再びパソコンで「先物」というキーワードを入力し、最終決断する材料を探していた九子の目に飛び込んできたのがこのサイトこのサイトだった。

この中で語られているのは、ほんのお小遣い稼ぎのつもりで先物取引を始めた人々が、家はもちろん先祖伝来の田畑まで売って損金の穴埋めをしている姿だった。



何よりも先物取引というのをやっている人々の数が株などに比べて極端に少なく、それを支えている外務員と呼ばれる勧誘員たちの給料は高額な手数料により捻出され、時には詐欺まがいの行為も行われているという事実だ。



一応仏教徒の九子は、この時にこのサイトを開かせてくれたのは亡くなった両親、我が家のお先祖さま、そして仏様だったと思っている。



「九子ったら何やってんの!あれほど先物取引は危ないって言ったじゃないの!せっかく17代まで続いた笠原十兵衛薬局を18代でつぶすつもり?」そう言ったのは母だったかもしれない。



そもそも外務員からの情報以外に、自分が今儲かっているのか損しているのかすらわからないような代物に大事なお金をつぎ込んで良いはずがなかった。





次の日、たぶん脈ありと見ていたはずのK氏から明るい声で電話がかかった。

「どうでしょう。考えて頂けましたでしょうか?」



「ごめんなさい。やっぱりやらない事にしました。」

「えっ、どうして?」



「実は主人の親戚で、先物で大損して田地田畑取られちゃった人がいるらしいんです。頼むから先物だけはやらないでくれって主人に頼まれたもんで・・。それに、その話聞いたら私も怖くなっちゃったんです。もう金輪際先物はしないって決心しました。」



こういう時「主人」をひっぱり出すのが断る秘訣ってことくらい、九子は心得ている。( ^-^)



K氏はがっかりしたようだったが、全然変らぬ口調で「そうでしたか。残念でした。また何かございましたら当社をよろしくお願いします。」と言って電話を切った。



K氏は最後までさわやかだった。



「電話の向こうの知らない世界」というタイトルで元先物取引営業マンが書いていたサイトがあったが、残念ながら今は見られなくなっている。

たぶん電話の向こう側は酒池肉林の世界だったとでも書いていたんだろうか。



ビールくらいは飲むかもしれないが、K氏がそういう世界の住人であったとはいまだに想像できずにいる九子である。



nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 16

ミノカサゴット。

[先物取引は怖い!]
 ご無沙汰しております。m(_ _)m

 父が健在の時は、この「先物取引」の勧誘が非常に多かったですね。でも、父はきっぱりと断って居りました。父の同業者の中に、「先物取引」で、失敗された方が御座いまして、怖いものですね。

 私も、美味い話には、気を付けなければ・・・。でも、現実、動かせる現金が無いですね。ワッハッハッハッハ~!m(_ _)m
by ミノカサゴット。 (2009-01-29 08:01) 

九子

[わあい、ミノ先生だ!( ^-^)]
こちらこそご無沙汰しておりますのにこうしてコメントを頂戴し本当に有り難うございます。m(_ _)m

ミノ先生のお父様の頃、歯医者さんは一番良い時期でしたよね。
(うっとり)

先物で損をしたという話は本当にたくさんあるみたいですね。
でもまさか、勧誘員がこんな田舎にまでやって来て、まったく訳の分からない素人を勧誘して歩くとは思いませんでした。

動かせる現金が無いのはわかってるのに、だからこそ甘い話には弱いんでしょうね。

オレオレ詐欺の時といい、今回といい、性懲りも無く同じ過ちをくりかえしております。(^^;;
by 九子 (2009-01-29 16:32) 

あずーる

[サワヤカな人には弱いですよね^^]
こんにちわ。九子さん、お天気のよいぽかぽか日和ってなんか気分がいいから、よけい爽やかな人に弱いかもしれませんね~

先物取引も絶対に株があがるとわかっていればそれほど怖くないようですが、今の株式は世界不況で不確定要因が多すぎわからないと、勉強だけはしていても儲けにつながらない株のすきなツレがいっています。なので、素人は餌食になるだけだから、はいらないほうがいいかもしれませんね。

本当にうまい話には気をつけなければですが、未だにおれおれ詐欺やいろんな詐欺にひっかかる人も多いようで、これって金欲の高い人が多いからでしょうかね?
by あずーる (2009-02-06 15:28) 

九子

[あずーるさん!!( ^-^)]
お返事素早かったでしょう。
これも薬局が暇だったから・・。(^^;;

>本当にうまい話には気をつけなければですが、未だにおれおれ詐欺やいろんな詐欺にひっかかる人も多いようで、これって金欲の高い人が多いからでしょうかね?

本当にそうかもです。こういう世の中だからこそ、真面目に貯金するのが一番かもしれません。

円天の詐欺とかも、ちょっと考えたらわかる話なのに・・。
高齢者が被害にあうケースが多いですよね。
(・・・って、人事みたいに・・。(^^;;)

あずーるさんは強力な味方がいらっしゃるから安心ですね。
( ^-^)

そういえば旅行日記も読ませて頂きましたよ。
東南アジアは一度も言った事がないので、いつか足腰が立たなくなる前に(^^;;行ってみたいと思います。
またいろいろ教えてくださいね。( ^-^)
by 九子 (2009-02-06 15:54) 

のりP

[九子さんっ!!]
お手紙いただいてたのに、知らないで
今 偶然にみつけて 驚いてます。
おヒサです。 
今 メッセージ送りましたので、
見ておいてください。 ごめんなさい!!

ところで、↑先物取引。
高校の時の恩師が、当時校長までになっていたのに
突然失踪。
結局 数年後 死体でみつかりましたが、
先物取引で 首をつったらしいと・・・・
(イヤな話ですんまそん・・・)
先物・・・・・絶対に許せないですよ。
九子さんもご無事で 何よりざんした・・・
by のりP (2009-02-10 06:03) 

九子

[のりPさん!!!( ^-^)]
おおおお、のりPさん。
よくわからないけれど、たぶん随分辛い思いを乗り越えられて雄雄しくたくましく復活されましたね。本当に良かった!!( ^-^)
フランス語、裁判長に抗議の手紙書くほどになるなんて、やっぱりすごく努力されたのでしょう。さすがですねえ。
のりPさん、やっぱり貴女は凄い!!

それはそれとして、高校時代の先生の話、本当にぞ~っつとするわね。私もまかり間違えたらおんなじ運命だったかも・・・なんて
今考えるとおいおい、しっかりしてくれよ~とムチ打ち10回くらいは必要だったかも・・。

ぬいぐるみの代わりにリリイちゃんにドスドスパンチしてもらったら良かったかもね。(^^;;

蘇ったご縁、嬉しいです。これからもよろしくね。( ^-^)
by 九子 (2009-02-10 23:35) 

のりP

[いつもいつも・・・]
九子さん 暖かい言葉を
ありがとうです。
また ちょくちょく
寄らせていただきます。
by のりP (2009-02-11 08:04) 

あずーる

[九子さん、いまごろやってきました^^]
せっかく早くコメントいただいたのに、すいません。
タイの旅行記よんでいただいたのですね~
たった3日の旅なのに、書いているといろんなこと
思い出してなかなかアップできないんですよ。

のりPさんの先生のはなしゾーっですね。
でも、そういうのって死ななくてもなんとか
ならなかったのかしら?

米国は借金が払えなくなっても、例えば車だったら
その車を返せば、家なら家をでていけば借金を
支払う義務がなくなるそうです。

日本は車や家を返しても借金だけはのこり、
家族や保証人までついてまわるっていうのは
いつまでも議員が業者優先で法律つくらない
からでしょうね。
by あずーる (2009-02-14 00:07) 

のりP

[そうなんです]
あずーるさん
はじめまして。
その校長先生の話は 結構週刊誌なんかでも
騒がれたりして。
それに 長い間行方不明だったし、
私たち卒業生には それはそれは ショックでした。
そんなこと、
人事?
いんや
九子さんの言われるように
やっぱり 明日はわが身ですよね。
オオ コワッ!!
by のりP (2009-02-14 08:28) 

九子

[あずーるさん!( ^-^)]
わざわざご挨拶に来てくださって有り難う!( ^-^)
あの日記を読んでツレさんの存在を認識した次第。きっと素敵な人なんでしょうね。( ^-^)

素敵な人と言えば、のりPさんも素敵な凄い人ですよ!!
<a href="http://www.mypress.jp/v2_writers/noripy2/">http://www.mypress.jp/v2_writers/noripy2/</a>
この行動力と闘う意志は、日本女性の鑑だと思います。
(同じ日本女性でも誰かさんとはこうも違うものか・・。(^^;;)

>米国は借金が払えなくなっても、例えば車だったら
その車を返せば、家なら家をでていけば借金を
支払う義務がなくなるそうです

考えてみればそれが当たり前なんですよね。次の買い手が払えば良いだけのことですもんね。こんなに当たり前の事だったのにおかしいと思わなかったなんて、感覚麻痺してたんですね。目からウロコでした。
by 九子 (2009-02-14 11:24) 

九子

[のりPさん!( ^-^)]
>その校長先生の話は 結構週刊誌なんかでも
騒がれたりして。
それに 長い間行方不明だったし、
私たち卒業生には それはそれは ショックでした。

本当に立派な校長先生だったのでしょう。悔やまれますね。

もし今ならば、まだインターネットでいろいろな情報が手にはいるので、弁護士さんやら消費者センターやらに相談する事も可能だったかもしれませんよね。

それにしても真面目に生きてる人をだましてお金を取ろうとする人がいつになっても無くならないのには本当に憤りを覚えますね。
by 九子 (2009-02-14 11:36) 

あずーる

[九子さん、のりPさんのとこ行ってきました~]
ちょっと読ませてもらったけど、
すごいパワーのあるかただと思いました。
おフランスに住んでおられるのですね。シングルマザーには良さそうな環境ですが・・・。

子供がいないし、ふらふらしている私には九子さんものりPさんもすごぉ~く偉大です!<img src='/image/hammy/m019.gif'><img src='/image/hammy/m019.gif'><img src='/image/hammy/m019.gif'>
by あずーる (2009-02-17 22:12) 

九子

[あずーるさん!( ^-^)]
ねっ。あずーるさんにはのりPさんを紹介してみたかったの。
「のりPの一人五兎」(マイアンテナにあり)の頃知り合って凄い方だなあと思ってました。わたしなぞ何も共通点は無いのだけれど、子沢山だけが縁でお友達にさせて頂いてます。
子供が4人でなんで五兎なのかと不思議だったのだけれど、ハラ男さんが加わってたんですね。楽しそうに書いてあった毎日に、あんな苦しみが隠されていたのかと思うと、本当によく頑張られたなあと思うと同時に、幸せになっていただきたいと切実に思います。
by 九子 (2009-02-18 00:14) 

九子

[あずーるさんに追伸!]
あずーるさんはふらふらなんかしてないよ。世の中に何かを発信出来るって素晴らしい事だと思います。あずーるさんはそのままで、来るべき時が来れば偉大なお母さんになるからぜ~んぜん心配要りませんよ。( ^-^)

偉大と言われる意味がわからない(^^;;九子より。
by 九子 (2009-02-18 01:11) 

あずーる

[九子さん、こんばんわ♪]
のりPさんが私の所でカキコしてくださいました。うれP~★

九子さん、お母さんには一生なれそうにもありません。
TOO LATEです*^ー^*
というより、一生、子供でいるのかもしれません。
She is a girl at heart!
by あずーる (2009-02-26 23:53) 

九子

[あずーるさん!!]
のりPさんとあずーるさん、なにやら難しげなお話してらっしゃいましたね。( ^-^)

あずーるさん!!ダメよ、そんなこと言っちゃ!!
あずーるさんみたいにしっかりした女性には必ず結婚して子供を一人以上産んでしっかりした日本人を育ててもらわなくっちゃ!

それが出来るはずの人が今からそんなに弱腰じゃあ、これからの日本はどうなるんですか!

絶対too lateはないから。
子供が出来なかったらその時はその時で二人だけの時間の過ごし方考えればいいんだから。

子供がいると世界が広がるって言い古された言葉だけどその通りだと思う。二人きりの世界じゃあなかなか新しいことはないけど、子供が一人でも居ると次々いろいろ動いてくからこっちも動かされちゃう。なんだかんだ言って面白いよ。

あずーるさんみたいに優秀な女性のお子さんなら、世界的に活躍するスーパーマン(ウーマン)になるかもよ。( ^-^)

だから、そんなこと言わないで、一度はお母さんしてみるのもいいと思うよ。期待してるんだから!!( ^-^)
by 九子 (2009-02-27 14:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0