So-net無料ブログ作成
<ダメ母のすすめ・・・・新米ママへ> ブログトップ
- | 次の10件

母の一声 [<ダメ母のすすめ・・・・新米ママへ>]

「九子、九子、きゅうこや、キュウコ!」
だんだん最後に行くほどに高く響き渡る母親の呼び声!

まったくう、今日は土曜日じゃないの。ふと見ると時計は7時10分。そうか、土曜は資源ごみの日。今日は確か不燃ごみっていってたよね。袋ひとつ運べばおしまいじゃないの、まったくもう。こっちだって起きていないわけじゃない。目下着替え中なんだってばあ。「はいはい、今行きマアす。」と呼べど叫べど、あちら様には届かない。もともとが、家の中と外。その上母上様は、大病で手術をして以来、めっきり老けて耳も遠くなった。テレビの音も、耳をつんざくばかりの音量で聞いて平気な御仁である。部屋の中からすこしばかり甲高い声で叫ぼうが、物の数ではないのである。「そんなに、キュウコキュウコばかの一つ覚えみたいに叫ばなくたって、せいぜい述語の一つくらい付けて、人にわかるように話したらどう?」とチラと考えた。

傍らで寝ているM氏が「まったくもう・・・。ムニャムニャ」と言っている。このムニャムニャは、実は多いに訳ありなのだ。

新婚時代東京で1年半ほど過ごした後、郷里の長野へ戻り、M氏は以来一人娘の私の両親と一緒に暮らしている。つまりマスオさんである。生活の拠点であり薬局もくっついている母屋から、裏に建っている私とM氏が寝るためだけにしか使っていないこの家、一応ウン年前、いや正確を期せばうん十年前(^^;は新居だったこの家のドア越しに、母が叫んでいるというわけである。

あれはいつ頃だったか、そのM氏が感慨深げにこう言ったことがある。「俺はおふくろとそっくりな女と結婚しちまったもんだ。おふくろは、家付き娘でなんにもしない親だった。いつもおばあさんが、おふくろが寝ていた土蔵を改造した部屋の外で『M子や、M子!起きなさい、M子!』と叫んでいたっけ・・・。」
だからこのムニャムニャを解釈すると「また寝坊しているのか。お母さん呼んでるぞ。まったくオフクロと同じだなあ。」となるのである。(^^;

いや、ひとつだけ違いがある。そうだよ、それだ!
M氏のおばあさんには「起きなさい!」という述語があった。「九子、九子!」じゃ何がなんだかわかんない。ものごとと言うのは、わかるようにはっきりと「九子、九子起きなさい!」・・・・・・・・。

んん???

ちょっと待った!!それってやっぱりヤバイじゃん!
それじゃ筒抜けだよ、町中に。ここは農家の土蔵じゃないんだから、今ごろは隣りの八百屋のおねえさんが、誰かをとっつかまえて話してる頃かもしれない。「ちょっとちょっと、九子さんて、また寝坊したらしいわよ。」その日のうちに町中に知れ渡り、尾ひれ背びれがくっ付いて、どんなことになるかわからない。うう・・。

さすが、わが母!そこまで考えて叫んでくれたのか、と思ったら、感謝の念でいっぱいになった。母はいつも気が利いている。(^^;

ただ、目先が利くと言うのも良いことばかりではない。相手がする先を考えてやってくれるのだから、文句の言えるはずはないのだが、そうやって何でもしてもらって育ってしまった結果がこの私だ。

誰かがやってくれると誰かがやらなくて済む。誰かがやらないとまた別の誰かがやらなければならない。この何もやらなくて済む誰かのことを幸福者と呼ぶのであれば、まさに私は幸福者で、偉大なる私の母と、ダメ母に育てられた我が子供達はこの上なく不幸なのであろう。

ところが世の中、そうは単純に行かない。人間と言うのは(九子というのは・・と置き換えて頂いても良いが(^^;)崇高に出来ていて、何もしないで良いとなると、悩むのである。人間閑居して不善をなすと言うやつだ。「私の生き方は果たしてこれで良いのであろうか?」それが私の青春時代の永遠のテーゼだった。

「悩むくらいなら何か手足を動かせ!」
お叱りごもっとも。それができるくらいなら苦労はしなかった。何しろ生来の怠け者。手足を動かすのが大の苦手なのだ。そして、いつも他人様から見れば幸福この上ない環境にありながら、毎日ため息つき続けて暮らしていた。

そんな私を変えてくれたもの、それが坐禅だった。坐禅を知って、生まれて初めて自分が好きになった。あれほど嫌いでたまらなかった自分を、いとおしく思えるようになった。

何しろ坐禅は私にぴったりだったのだ。この上なくぴったりだった。これがヨガや太極拳だったなら、多分三日坊主で終わっていただろう。

ただ坐るだけである。難しいことは何もない。身体を動かすことも要らない。体力ゼロの私でも、どのくらいでも続けられる。何しろ言われることと言えば、「身体を動かすな!余計なこと考えるな!呼吸に集中せよ!」

怠け者にとって、こんなに楽ちんな世界はない。これで幸せになれるのだから、詐欺ではないかと疑うほど、うま過ぎる話である。(仏様、ごめんなさい(^^;)

とにかくそんな風にして、私は毎日を御気楽に送っている。
無理せず・・・・、頑張らず・・・。

ダメ母のすすめ [<ダメ母のすすめ・・・・新米ママへ>]

 本日は日記初日ゆえ、一応娘の学校の文集のために, 少しは頭をひねって考えた文章を載せさせて頂きます。あとは気楽に書きますからどうぞ気楽にお読みください。( ^-^)
                  
 この順番で三男二女の一番下がようやく中学生になり、子育ても一段落という今になって、言うことがダメ母のすすめではいささか情けないが、生まれついてのそそっかしさと、出来過ぎ母に何でもしてもらって育ってしまった事情が災いして、どう考えても落第母である。

(どう落第かは書くとキリが無いので、もし良かったら薬局のHPにある「ダメ母のすすめ」を御覧下さい。)
 
娘たちはしかし、母親に似ず手早である。

掃除嫌いは母親似だが、友達が来る前日ともなれば、あっという間に部屋を片付ける。

一番下のM子なんぞは、手早の上に口も達者だ。
お世辞にもお勉強が出来るとは言い難いが、四才も年上の三男との喧嘩の時、機関銃のように流れ出る言葉の数々を聞いていると、本当は頭いいんじゃないの?と錯覚するほどだ。
 
もとより彼女たちは母親は当てにできないと知り抜いている。その証拠に、今まで私は一度も家庭科の宿題を娘に頼まれたことが無い。

思えば私が中学の頃、いや高校になっても、パジャマもワンピースも、実はメードバイママだった。

頼まないはずである。恥ずかしながら出来ないのだ。

料理だけは、食いしん坊も手伝って少しはマシと思っていたが、長男に言われるまでも無く、「M子の方がずっと早いし、見栄えがする。」そうである。
あ~あ、ため息。
 
でも世の中の若き母親方、どうか安心して欲しい。こんな親でも、いやこんな親だからこそ、子供はたくましく育つ。

親は、つまり人は当てにならないと踏んで、自分でやるようになる。
考える力は、指図されていたのでは決して身につかない。

有名国立大学に子供二人を進ませた四児の母である友人も、自分はフルタイムで働いて「子育ての秘訣は何もしないこと」と言い放った。
 
それに身近にいい加減な人間がいた方が、世の中を気楽に過ごせるのではないか。

「偉大なお母さんに育つと、子供は縮こまってだめになる。」いつしかそんな妄想を抱きつつ、ダメ母三昧の毎日だ。

いつか娘に聞いたことがある。大きくなったらどんな人になりたい?
答えは意外にも「ママみたいな人!」思わずうるうる来るところだったが、喜ぶのは早かった。

いわく、「ママみたいに三食昼寝付きで楽して暮らしたい。天国みたいだよねえ。」
 
大事なことは親がいなくてもへっちゃらな子供を育てることにある。
私の場合、作為的にそういう環境を作ったわけではない。あくまでも自然の摂理、つまり天然である。ダメ母三昧と書いたが、ダメ母しか出来ないのである。

世の中はしかし良く出来ていて、多分手早な娘達は、子供がやるのを見ていられずについつい手を出し、口を出し、また何も出来ない私のような子供達を育てることになるのではあるまいか?

かくして因果はめぐるのである。





 
- | 次の10件 <ダメ母のすすめ・・・・新米ママへ> ブログトップ