So-net無料ブログ作成

ロタウイルス騒動 [<介護生活、そして父母の事>]

九子の日記が次回で200回を数える。夢みたいな話である。

最初九子は、3日に一度、ドジな話ばかりを集めて一年間書き終わったらそれでおしまいにするつもりだった。

それがそうでなくなった理由が、「100回目の日記」に書かれている。

マイぷれすの日記仲間の多くの方々が、ほとんど毎日と言っても良いくらいまめに更新されている。
こう言うことが出来る彼らは、九子にとってまばゆいばかりである。

たぶん「書きたいという強い気持ち」を持てる何かが、毎日の平凡と思われる日常の中でくりかえし見つかるのだと思う。
いや、みんな、それを見つける能力に長けているのだと思う。

九子の場合今までの日記の中で、はやる気持ちを抑えて書いたのは
「オレオレ詐欺」「荒川静香・・・」、そして、余り読まれていないと思うが、「息子へ」くらいなものである。

「オレオレ詐欺」はこういう馬鹿な体験談が、少しでも新たな被害者を減らすのに役立つならと言う、いわば義侠心(^^;で書いたし、「荒川静香」は、その日が丁度彼女がトリノから帰国してしまう日で、その日を逃したらオリンピックは人々の関心から抜け落ちてしまうのでは・・と慌てて書いた。
(つまりアクセス数を気にして書いた訳である。(^^;)

「息子へ」は純粋に、当時元気を無くしていた息子をなんとか元気づけたくて書いた。

その「荒川静香・・」が皆様の目に止まり、以来ほとんど3ケタのアクセス数を保持する日々が続いているのは本当に有難い事だと思っている。


最初の目標「日記更新は3日に一度」が、4日に一度、5日に一度位になって、ようやくこの位が無理のないペースかなあと感じていた頃、父親が入院した。去年の10月のことである。

そして「救急車の呼び方」にある九子の受難物語へと続いていく訳なのだ。

実は父の入院の陰で、もう一つの物語が進行していた。

出来すぎ母の骨折事件である。

母は始めて父の見舞いに行った日に、病院の玄関で転んで大腿骨の付け根を骨折してしまった。
それこそ救急車を呼ぶより早く病院に担ぎこまれた母は(^^;、その日のうちに入院、二日ほどで手術となり、以来2ヶ月を病院で過ごし、暮れに退院してからもベッドを二つ並べて、父の隣でほとんど寝たままの生活をしている。

つまり九子は、現在介護老人を二人抱えているという事になる。
そして二人が二人とも、なかなか容態が安定してくれないと来ている。

介護保険は本当に有難いが、デイケアにせよショートステイにせよ、容態が安定していないと受け入れてもらえないという最大の落とし穴がある。

まあこれが、現在長いこと日記を更新出来ないでいる理由であるが、書くべき時を逸するとなんだかもう書く気がしなくなるという場合が往々にして出てくる事がわかった。

これはきっと、毎日のように更新していらっしゃる方には起こりようの無い事なのだろうけれど・・。

たとえばなかなか書けなかった九子の受難物語・・・。それは去年の大晦日と今年の正月に起こった。

最初は二つとも、それぞれ別の記事にして書こうと思っていた。
そこに降ってわいたように起こったのが、例の「振り込め詐欺事件」である。

ああいう強烈な出来事を経験してしまうと、昨日まで記事にしようと思うくらい輝いていた事柄が何だか急に色褪せて見えて来るのだ。

まあカッコ良く言えば、九子の心の中で自然淘汰が行われる訳である。

本来の自然淘汰では滅びたものの復活はありえないが、九子の日記の場合には至極簡単な事であるから、お正月の出来事の方をここに書いてしまおう。( ^-^)

家族のロタウイルス感染事件である。

ロタウイルス、ノロウイルスは冬場の感染が多いとされる感染力の極めて強いウイルスだ。
下痢と嘔吐が主症状で、ふつう命の危険は無いが高齢者には命取りとなる。
現に九子の地元でも、しかも病院の中で感染者が出て、お年寄り一人が亡くなっている。

(・・と、さもさも最初から何がしかの知識があったように書いているが、実は直前に九子が学校薬剤師を担当していた学校から問い合わせがあったお陰で、少々物知りになったばかりであった。(^^;)

そのウイルスを、こともあろうが子供達3人とM氏がもらって来てしまった。
正月早々、ゲーゲー吐く奴、熱を出す奴、トイレに駆け込む奴で、我が家は野戦病院と化した。

そこでナイチンゲールよろしく甲斐甲斐しく立ち働く美貌の薬剤師、それが九子であった。
(えっ??(^^;)

今から考えるといったい一人で何をどうやったものか記憶も定かではないのだが、とりあえず幸いだったのは、直前に仕入れた知識で「ノロウイルス、ロタウイルスには、次亜塩素酸ソーダ(家庭用漂白剤、ハイターなど)が良く効くので、ごくごく薄めて消毒すればよい。」というのがわかっていた事だった。

もちろん一番の心配の種は、老人二人である。
特に父の方には、なんとしても来るべき4月の大学生3人の学費納入日までは生き延びてもらわなくては・・・。(^^;

彼ら二人の部屋は、文字通り隔離された。

一週間ほど彼らは部屋の中で過ごし、出入りのたびに九子は、次亜塩素酸ソーダを薄めた液(と言うか、霧吹き状のノズルのついた容器に500CC位の水を入れ、そこに次亜塩素酸ソーダを数滴落とす位の薄さで良い。)で手指を良く消毒した。(手指に消毒液をまんべんなくふりかけた。)


今考えると、年寄り二人に何事もなかったのは奇跡であった。
いくら次亜塩素酸ソーダで消毒しようとも、建てつけの悪い穴だらけの障子では、ウイルスは簡単に侵入してしまうに決まっている。

何しろ学級で一人が感染したら、そのクラス全体に広がってしまうのには目をつぶって、いかに学校全体に広がるのを食い止めるかを考えなきゃならない位の感染力なのだそうだ。

糞便や吐しゃ物からうつるのだが、思えば最初長男Rが突然吐き始めた時、たまたま飲み会の後だったので悪酔いしたとしか思えず、使い捨て手袋などまったくはめず、次亜塩素酸ソーダなどまったく使わず処理してしまっていた。

その後石鹸で手をごしごし洗った記憶はあるが、その手で父母の介護をしていた訳だから、今考えると冷や汗ものである。

こういう時、普通の人は「運が良かった。」と言うのだろうが、一応仏教徒の九子は、「きっと仏様が護って下さったのだ。」と思う。
信仰のある無しなんて、結構こんな些細な違いなんじゃないんだろうか。

まあそれはともかく、年寄り二人は無事に生き延びた。そして今に至っている。( ^-^)


実は3月の更新がたった一回になるのを回避するために、なんとか頑張って3月31日中にこの日記を仕上げる予定だったが、結局4月にずれこんだ。

ずれこんだ途端、「もういつでもいいや・・。」と思っている九子がいたのだが、ここ数日のアクセス数の伸び悩みが気になって、久方ぶりの更新が実現した。


大晦日・・の方は、またどこかに別の形で書けそうな気がしてきたので、やっぱりまだ書かない事にする。
(^^;;
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 7

あずーる

[もしかして、しばらく休み?]
九子さん、ご両親の介護も大変だけど、ロタウィルス大変だったんだ・・。でも、元気そうなのでよかった。
しばらくお休みか、書かなくなられると、せっかくブログ仲間になったのに寂しいなぁ。でも、自分の負担にならないのが一番。
確かにアクセス数は多いほうがいいですよね。
そんなにすごいアクセスがくると、余計気になりますよね。

このところ、私は求職中だというのに、他のことばかり気になって困ってます;;
また、その気になったら、ぜひ書いてくださいね。
by あずーる (2006-04-04 19:20) 

九子

[あわわ、誤解です、あずーるさん!( ^-^)]
あずーるさん、ご心配おかけしてすみません。
大丈夫、お休みはしません。ただ、更新はあんまり頻繁に出来ないとは思いますが・・・。

そうなの。大変でした、あの時は・・。
その後オレオレ詐欺でしょう。まったくひどい年の始まりでした。

でもまあ、結果的には何事もなかった訳ですので良しとしなくちゃね。

>このところ、私は求職中だというのに、他のことばかり気になって困ってます;;
でもこういうことって、ある意味あずーるさんの強さだと思いますよ。私なら、自分のことできゅうきゅうとしてしまって、他を見る余裕なんてなくなっちゃうもの。

きっとそのうち、あずーるさんの才能が十分に発揮出来る職場が見つかるから大丈夫。じっくり待ってればいいと思いますよ。

これからもブログ仲間として末永くよろしくね。( ^-^)
by 九子 (2006-04-06 05:43) 

away

[初めまして]
九子さん、はじめまして。
awayと申します。

実は、そっとアンテナして下さっている方のところには、敢えて
お声をかけないようにしております関係で、ご挨拶が遅くなって
しまいました。あづみさんのところのコメントを拝見して改めて
伺わせて頂いた次第です。

これを機会に当方からもアンテナさせて頂ければと思う次第です。
どうぞよろしくお願いいたします。
by away (2006-04-06 22:00) 

九子

[awayさん!!( ^-^)]
おいで頂きまして本当に有難うございました。

本音を言ってもいいですか?

awayさんにはたぶん九子日記はお気に召さないだろうなあとなんとなく思っていました。
awayさんや葉子さんにある情緒とか情感とかが欠けているからです。

でもまあ、それを取り繕ってみてもどうしようもないのであって、私は私で書いていくしかないのでありますが・・・。
( ^-^)

あづみさんのところへ書き込みをしたご縁で、こうやっておいで頂けた事、心より感謝申し上げます。

アンテナの件も、お心遣い有難うございました。

読み直してみると、初対面のご挨拶にしては変なことを申し上げてしまいましてごめんなさい。

これに懲りずにこれからもよろしくお願い申し上げます。
by 九子 (2006-04-06 22:56) 

あずーる

[九子さん、誤解でよかったです!*^^*]
よかったぁ!
はじめ、やめるつもりで始まっていたので、この記事が最後かと思ってしまいました。大晦日というのが、意味分からなくて、最後をイメージしたのかもしれません。

>そうなの。大変でした、あの時は・・。
その後オレオレ詐欺でしょう。まったくひどい年の始まりでした。まあ、結果的には何事もなかった訳ですので良しとしなくちゃね。

はじめに悪いことあったぶん、後はいいことありますよ。きっと。^^

>>このところ、私は求職中だというのに、他のことばかり気になって困ってます;;
>でもこういうことって、ある意味あずーるさんの強さだと思いますよ。私なら、自分のことできゅうきゅうとしてしまって、他を見る余裕なんてなくなっちゃうもの。

強さかなぁ、どうなんだろう?あんまり働くのに向いていないのかも^^

>きっとそのうち、あずーるさんの才能が十分に発揮出来る職場が見つかるから大丈夫。じっくり待ってればいいと思いますよ。

ありがとうございます!こんなですが、結構いろいろ言われたりで、凹んだりするので、そういう言葉言ってもらえるとと気が楽です。

こちらこそ、よろしくです!

PS.この週末は、やっと関西はお花見できそうです。
by あずーる (2006-04-07 16:30) 

away

[アンテナさせて頂きました]
九子さん、こんばんは。
お言葉に甘えてアンテナさせて頂きました ^^

| awayさんにはたぶん九子日記はお気に召さないだろうなあと
| なんとなく思っていました。
| awayさんや葉子さんにある情緒とか情感とかが欠けているからです。

いえいえ、そんなことは全くないですよ ^^;
だいたい、僕自身、どちらかというと「理」の人間で「情」には
縁が遠いと思っています。九子さんのほうがずっと豊かな情感を
お持ちだと思います ^^

これからもどうぞよろしくお願いします!
by away (2006-04-15 17:48) 

九子

[awayさん、お返事がすっかり遅れてごめんなさい!]
家庭の事情でお返事がこんなに遅れてしまいました。
すみません。

まず、コメントのお返事頂いたこと、嬉しかったです。( ^-^)

その上とても優しいお言葉でしたので、ちょっと近寄り難かったawayさんが少し身近になりました。有難うございます。

うん。awayさんが「理」の人間と言うのはよくわかります。でも、そればっかりじゃないんですよね。「豊かな感性に支えられた理」とでも言うのかな?すごいです。

これからも、私の知らないことをたくさん教えて下さいね。
( ^-^)
by 九子 (2006-04-15 18:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0